インプラントの専門医がいるクリニックガイド » 押さえておきたいインプラントメーカーの違い

押さえておきたいインプラントメーカーの違い

インプラント、選ぶなら海外メーカーか国内メーカーか?

  メーカー名 メリット デメリット
海外 ノーベルバイオケア ・世界三大メーカーの信頼性
・あらゆる症例に対応が可能(=汎用性が高い)
・費用が高額
・技術の低い歯科医にとっては扱いが難しい
ストローマン ・世界三大メーカーの信頼性
・扱いやすい
・長期的な予後が良好
・費用が高額
アストラテック ・世界三大メーカーの信頼性
・免荷期間が短くて済む
・費用が高額
・ノーベルやストローマンと比べると、国内での知名度が低い
 
国内 京セラ(POI) ・国産メーカーのなかではシェアNo.1 ・手術が煩雑
・旧製品と新製品の間に互換性がない
AQB ・材料費が安い ・難症例への対応が困難
・表面性状に不安あり
GC ・オッセオインテグレーションが高い ・海外メーカーと比べると、信頼性に劣る

現在、世界には100社以上のインプラントメーカーがありますが、まずひとつ言えるのは、国内のインプラントメーカーよりも海外のインプラントメーカーの方が評価が高いということ。

これは、技術力の差というよりもむしろ、インプラント治療の歴史の長さの差と言ってもいいかと思います。

医療器具の開発においてはエビデンス(根拠)というものが非常に重要視されます。インプラント先進国であるアメリカ、スウェーデン、スイスなどでは症例数が豊富で、研究も盛ん。

そうしたエビデンスに基づいて開発が行われているため、質の高いインプラントが生み出されるのです。

そのなかでも、スイスのストローマン社、スウェーデンのノーベルバイオケア社、同じくスウェーデンのアストラテック社「世界三大インプラントメーカー」と呼ばれ、世界の歯科医から絶大な信頼を得ています。

一方、国内にも、シェアNo.1を誇る京セラメディカル(POI)、安価で治療可能なAQB、定着率が高いGCなど、魅力的なインプラントメーカーはあります。

ただしさきほども述べたとおり、インプラント治療の歴史が浅い日本はエビデンスが少なく、海外のインプラントメーカーと比べると、どうしても信頼性の点で劣ってしまう感は否めません。

失敗しない インプラント専門医・クリニックの選び方
インプラント専門医・クリニックの選び方

全国選りすぐりインプラント名医データ

インプラントはこわい?事前に知っておきたいトラブル・失敗事例

インプラント治療のすべて

押さえておきたいインプラントメーカーの違い

インプラント治療を行う歯科クリニック<東京・横浜版>

東京近郊で探す目的別の専門医ガイド

サイトマップ