インプラントの専門医がいるクリニックガイド » インプラント専門医の選び方

インプラント専門医の選び方

安心・安全にインプラント治療を受けるための
正しいドクター・クリニックの選び方

「インプラント治療」を行っている歯科クリニックはたくさんありますが、実は「インプラントの専門医」がインプラント治療を行ってくれる歯科クリニックは数が限られます。

インプラントの専門医とは、多くの試験や研究、論文などの功績が加味されてはじめて取得できる資格のことです。つまりインプラント専門医が行ってくれるインプラント治療は、専門医でない歯科医の行う治療よりもずっと信頼性が高いのです。

ここでは、インプラント専門医のいる歯科クリニックの中でも、特に安全で優秀な名医のいるクリニックを見つけるポイントについてご紹介していきますね。

医師の腕を見極める

インプラントは外科手術を伴います。手術である以上、その出来は医師の腕によって多い区左右されます。ここでは、その医師の腕を見るためのチェックリストを解説します。

生着率はどうか
「生着率」とは、インプラント治療の成功率を差す言葉です。この生着率は「高い方が良い」と思われがちですが、そうではありません。理想は「インプラント治療本数が高く、生着率も低い」こと。生着率100%の医師だと、生着しないケースの対処に不慣れです。また、「生着しないケースの患者を治療したことがない」という経験不足の証拠でもあります。そのため、生着率95%くらいの医師の方が、経験豊富で臨機応変な対処をしてもらえます。
患者数とインプラントの治療本数はどうか
インプラント専門医とは言っても、やはり経験豊富な医師でないと安心して治療を任せられません。今までに治療した患者数やインプラントの本数は、なるべく多い方が良いですね。インプラントの治療本数は医院によってもバラつきがありますが、年間100本以下しか治療していない医院はかなり経験が少なめです。また、一人の患者に対して複数本のインプラント治療をしている医師の方が経験豊富です。インプラント治療本数に対し、患者数が多すぎない医院が良いですね。
自分と似た症例があるか
実際にカウンセリングや無料相談に行ったとき、自分と似た症例の治療例を説明してもらえるかを見ておきましょう。経験豊富な医師ほどたくさんの症例を経験しています。できれば5つは自分と似た症例を提示してもらえると安心ですね。もし自分と似た症例の治療経験がなさそうな場合は、その医院での治療は断念した方が無難です。
インプラントの経験年数は?
インプラントの経験年数は、高ければ高いほど安心です。インプラントの専門医と言っても、まだ資格を取得したばかりの医師だと経験が浅く、治療にも不安が残ります。理想はインプラント治療に対して10年以上の経験がある医院ですね。もし10年以下の治療経験だった場合は、治療本数や生着率なども加味しながら治療を受けるかどうかを考えてみましょう。

診療・治療内容を調べる

インプラントは一生モノです。本当のインプラント治療は、医師と患者さんの二人三脚で行うものです。ここでは、パートナーとして対応してくれるかどうかを見極めるためのチェックリストを解説します。

きちんと説明して、しっかり相談してくれるかどうか
インプラントの治療は、手術で行われます。患者さんの抱えている治療前の不安にしっかり耳を傾けてくれる医師に治療をお任せしましょう。術前には治療のことだけではなく、治療後のメンテナンスや痛みの度合、自宅で行うケア方法などについてもしっかり説明してくれる医院が理想です。また、治療の方針や手術方法についても一つ一つ相談に応じてくれる医院を選びましょう。
メーカーについての説明があるか
治療で埋め込むインプラントには、数多くのメーカー(種類)があります。メーカーによって症例への対応度や知名度、手術の難易度も変動します。「どんな症例に対し、どんな手術をするので、どんなメーカーのインプラントを使うのか」といった説明があるかを見ておきましょう。メーカーについて何の説明もなしに、急にインプラント手術を始められないように要注意です。
保証期間
インプラント治療の後は、歯茎の状態や噛みあわせによってトラブルが起きる可能性もあります。保証期間中であれば、インプラントの歯が欠けた場合などのトラブルにも対応してもらえます。そのため、なるべく保証期間の長い医院を選びましょう。5~10年ほどの保証期間が一般的ですが、医院によっては永久保証のところもありますよ。
アフターフォローもあるかどうか
インプラント治療は、一度手術をしたからといってそれで終わりではありません。インプラントを長持ちさせるには、噛みあわせの調整や点検、それからクリーニングのアフターフォローも欠かせません。インプラント治療の後にしっかりアフターフォローに応じてくれる医院を選びましょう。術前にアフターフォローについての説明があるかどうか、しっかり聞いておいてくださいね。
他の治療法についても相談してくれるか
インプラントの相談に行ったとき、インプラント以外の治療法についても相談・説明してくれるかどうかを見ておきましょう。インプラント治療はコストも時間もかかります。他にも入れ歯やブリッジなどの治療方法もありますから、インプラント以外の選択肢について患者さんに提示してくれるのかが重要です。一人一人の体質に適した治療法があるのですから、インプラント治療を無理に進めてくる医院はあまりおすすめできません。

設備について

インプラントは外科手術を伴います。このため、場合によっては高度な設備が必要になる場合もあるでしょう。ここでは、きちんと手術ができる設備があるかどうかのチェックリストを解説します。

CTがあるか
CTは「歯科用CT」と呼ばれていて、レントゲン撮影よりもさらに精密に歯の状態を検査する設備です。インプラント治療では綿密で精度の高い技術が必要です。そのため、必ずCT撮影設備のある医院で治療をお任せしましょう。レントゲン撮影だけでは撮影できる箇所に限度がありますから、安全で信頼できる治療を受けるためにもCT設備の有無について要チェックです。
オペ室があるか
口腔外科の治療でもあるインプラント手術では、清潔面が絶対に欠かせません。細菌が混入すればインプラント治療のクオリティは大幅に下がります。細菌の混入を防ぐためにも、他の診察室などとは隔離されたオペ室の存在が重要です。普通の歯科治療で使うような治療用チェアでのインプラント治療はとても危険ですから、必ずオペ室のある医院でインプラント治療を受けましょう。
静脈内鎮静法が行える設備
静脈内鎮静法とは、鎮痛・鎮静作用のある薬剤を静脈内に投与して行う麻酔法のことです。静脈内鎮静法を行うと、痛覚がなくなってうたた寝のような夢心地のリラックス状態になるのが特徴です。全身麻酔よりも格段に、身体にかかる負担が少なくてすむ麻酔方法です。できれば全身麻酔だけではなく、静脈内鎮静法の行える設備が完備された医院での治療がおすすめです。

こだわりで探す!専門医名鑑【東京編】

口腔外科の「手術」とも呼べるインプラント治療、やるからには絶対に成功させたいですよね!インプラント治療を行ってくれる専門医は、条件にこだわればこだわるほど名医が見つかります。安さや機能美、そして治療の安心感など…。ここでは、患者さんの持っているこだわりを叶えてくれるインプラントの名医をご紹介していきます。

安さにこだわる専門医3選

「1本あたり10万円以下」を目安にクリニックを選んでみるのがおすすめ。

一般的に高額な費用がかかるというイメージが根強いインプラント治療。1本あたり10万円以下と聞いて「安かろう悪かろうじゃないの…」と心配になる方もいると思います。しかし、コストパフォーマンスの良いクリニックというのは、インプラントにおいても存在します。インプラント治療全体の多くを占める費用は技術料や設備投資などで、クリニックの努力でコストを抑える工夫をしたり大量仕入れで価格を抑える努力をしたりすることで、なるべく安く、納得のいく治療を行っているクリニックを探すことができます。

インプラント治療は高くてあたりまえと考えずに、治療実績の多いクリニックや施術経験の豊富なインプラント専門医の治療も検討してみてはいかがでしょうか。

機能と美の両立にこだわる専門医3選

インプラント治療は、噛み心地などの機能美だけではなく見た目の美しさも重要です。見た目の美しい歯並びや口元は、自然と噛みあわせや機能面にも優れています。

天然の歯のような美しい見た目のインプラントは、口内の違和感や異物感もほとんどありません。そのため口元の見た目や発音などにも異常が出にくく、虫歯によるコンプレックスをカバーしてくれるのです。

また、噛みあわせの良く綺麗なインプラントは、顎や顔の骨格のゆがみを解消して、すっきりとしたフェイスラインをつくってくれます。形の整ったインプラントの人工歯は、歯と歯の間に汚れが詰まるのを解消するため虫歯や歯周病の予防にもなりますよ。

安心感にこだわる専門医3選

インプラントの他にも極めた分野のある先生なら安心して治療が受けられますよね。インプラントに限らず一般的な治療でも専門の知識と経験がある先生なら技術力も臨床経験も豊富です。総合的な歯の診断もできるので、まずは相談をしたいとお考えの方にはおすすめです。

対応力こだわる専門医3選

他院で断られてしまったような難しい症例であっても、相談可能な歯科クリニックは見つかります。インプラントの治療ができないという場合、その判断基準は歯科医師のレベルによって違うというのをご存知でしょうか。

顎の骨の状態が悪く骨が薄いなど、インプラントを埋め込む場所の骨が足りない場合などに治療ができないと診断されるケースが多いようです。この場合、患者さん自身の問題と考えてインプラント治療をあきらめてしまうようですが、近年は骨が少ない場合もインプラントを埋入できる技術や術式が開発されているそうです。こういった患者様のインプラント治療にも対応できるレベルの高い歯科医師が在籍する歯科医院を検討してみてはいかがでしょうか。

失敗しない インプラント専門医・クリニックの選び方
インプラント専門医・クリニックの選び方

全国選りすぐりインプラント名医データ

インプラントはこわい?事前に知っておきたいトラブル・失敗事例

インプラント治療のすべて

押さえておきたいインプラントメーカーの違い

インプラント治療を行う歯科クリニック<東京・横浜版>

こだわりを持とう!インプラント専門医の選び方

サイトマップ