インプラントの専門医がいるクリニックガイド » インプラントクリニックの選び方 » 保証やアフターケアは充実しているか

保証やアフターケアは充実しているか

「第二の永久歯」ともいわれるインプラント。インプラント体の質や医師の技術力向上によって寿命は長くなってきており、ほとんどのケースで10年以上保持できているといわれています。
しかしインプラントは、治療して人工歯を装着したら終わりではありません。何らかのトラブルで不具合をきたすこともありますし、アフターケアを怠れば寿命を早めてしまうことになります。

インプラントの寿命を最大限に延ばすために必要なこと

そこで大切なのがインプラントの「保証期間の有無」と「アフターケア」。保証期間があることで期間内のトラブルにはしっかり対応してもらえますし、アフターケアを定期的におこなっているクリニックでのインプラント残存率は高いものです。ここでは、インプラント治療をおこなうクリニック選びでチェックしておくべき「保証期間」と「アフターケア」について紹介します。

保証期間は長いか

インプラント治療では、歯茎の状態や噛みあわせによってトラブルが起きる可能性もあります。ですが保証期間中であれば、インプラントの歯が欠けた場合などのトラブルにも対応してもらえます。そのため、なるべく保証期間の長い医院を選びましょう。5~10年ほどの保証期間が一般的ですが、医院によっては永久保証のところもあります。

また、クリニックによっては“クリニックが定めた定期検診を受けること”などを保証が適用される条件としているところもあります。治療を受ける前に保証内容や条件をしっかりと確認しておきましょう。

アフターケアはきちんとしているか

インプラント治療は、一度手術をしたからといってそれで終わりではありません。インプラントを長持ちさせるには、噛みあわせの調整や点検、それからクリーニングのアフターフォローも欠かせません。インプラント治療の後にしっかりアフターフォローに応じてくれる医院を選びましょう。術前にアフターフォローについての説明があるかどうか、しっかり聞いておきましょう。

定期メインテナンスはどのくらいの間隔で行くの?

ほとんどのクリニックでは、インプラント治療後も定期メインテナンスを勧めています。推奨される定期メインテナンスの頻度はクリニックによって異なるものの、年に3~6回ほど。メインテナンスでは

などをおこないます。
インプラントを長く自分の歯として使うためにも、定期メインテナンスは重要です。

インプラント治療におけるメインテナンスの重要性

インプラントの寿命を早める原因として、骨が弱ることのほかに「歯周病」や「嚙合わせ異常」が挙げられます。とくにインプラントの歯周病といわれる「インプラント周囲炎」はインプラント寿命を早める最も大きな原因といわれています。

インプラントは人工歯ですから、虫歯になることはありません。しかしインプラントと歯肉の間の歯垢ポケットが深くなることで、食べカスなどが詰まり炎症する「インプラント周囲炎」が起こりやすくなります。歯周病は天然歯を失う最大の要因といわれていますが、インプラントにもあてはまります。インプラント周囲炎が悪化するとインプラントが抜け落ちてしまうこともありますので、十分なケアが必要です。

インプラントの寿命を早める大敵「歯周病」「インプラント周囲炎」「嚙合わせ異常」などは定期メインテナンスで早期に発見・対処することができます。インプラントを長く安心して使うためには、やはり定期的に歯のプロによるメインテナンスを受けることが大切です。

インプラント専門医・クリニックの選び方

全国選りすぐりインプラント専門医データ

インプラントはこわい?事前に知っておきたいトラブル・失敗事例

インプラント治療のすべて

知っておきたいインプラントメーカーの違い

インプラントクリニックの選び方

東京特集!インプラント専門医はココにいる

サイトマップ