インプラントの専門医がいるクリニックガイド » インプラント専門医の選び方 » 機能と美の両立にこだわる専門医3選

機能と美の両立にこだわる専門医3選

見た目にもこだわる専門医3選

青山一丁目タワーデンタルサロン・渡邊健一郎 クリア歯科・木村正信 インプラントの名医・島本敏宏
渡邊憲一郎先生 木村正信先生 島本敏宏先生
審美歯科、矯正歯科、美容歯科など…様々な視点から「見た目の美しさ」に重点を置いたインプラント治療を行っています。歯並びや歯の白さといった、口腔外科の経験と実績を携えた歯科ならではの治療でインプラントによる見た目の美しさを提供します。 全国に医院を展開しているクリア歯科は、抜群の安全性を基盤にした審美性を持っています。インプラントで被せるジルコニア製の歯は強度と表面のなめらかさに定評があり、特に白く美しい見た目が特徴です。 年間約2000本のインプラント治療本数を誇る、インプラント治療の経験豊富な医院です。ただ美しいインプラントを被せるだけではなく、すでに被せられているインプラントの審美性を回復する治療も行っています。

口から始まる健康障害

歯と内臓の深い関係

歯並びや歯の見た目の状態は、実は外側の美しさだけではなくて身体の内側にまで影響を及ぼすポイントです。

歯並びの悪い人によくある「すきっ歯」と呼ばれる状態。これは「空隙歯列(くうげきしれつ)」と呼ばれるものです。空隙歯列のように歯と歯の間にすき間ができていると、食べ物や汚れが詰まりやすくなって虫歯や歯周病になるリスクが高まってしまいます。

虫歯・歯周病を患えば歯が浸食され、最悪の場合は永久歯を失うおそれもあるのです。すきっ歯ではなくても、歯並びが悪くて噛み合わせが悪いと、唾液の分泌が上手く働かないことがあります。唾液が上手く分泌されないことで消化不良を起こしてしまい、胃腸に支障をもたらします。胃痛や便秘などが例ですね。

また、すきっ歯だったり歯並びが悪かったりすると、顎の筋肉が弱ってしまいます。顎の筋肉が弱ることで顎関節症を引き起こし、最悪の場合口を開けることもままならない状態に陥る可能性もあるのです。

他にも噛み合わせは顎をはじめ、首や肩の筋肉を緊張させてしまいます。その結果、肩こりや腰痛、頭痛などの症状も引き起こします。慢性的に感じていた疲労感の原因が歯並びの悪さだった、という例も後を絶ちません。

顔がゆがむ?実は怖い噛み癖

インプラントの治療を希望している患者さんの多くは、入れ歯やブリッジを経験している人です。
入れ歯やブリッジによる人工歯だと、何かを噛んだ時に違和感を覚えることが多くあります。噛み心地の違和感を解消するために、インプラントの治療を希望しているのです。

実際に噛み心地は、健康な歯の状態を築き上げるのにとても大切なポイントです。
噛み心地が悪いと、どうしても左右どちらかの歯だけで噛むような、「偏った噛み癖」ができてしまいますよね。この噛み癖ができてしまうと、歯や顎だけではなくて全身に悪影響を及ぼします。

偏った噛み方をしていると、まずは多く噛んでいる方の歯だけが擦り減っていきます。そうすることで歯全体のバランスが崩れて、噛み合わせが悪くなってしまいます。噛み合わせが悪くなれば頭の位置もだんだんと傾きはじめ、そこから連動して身体全体のバランスが悪くなってしまうのです。

頭が傾くと肩や首、腰などの筋肉に力が入って全体の筋肉のバランスも崩れます。そうなれば背中や腰に、ひざの骨まで歪んでしまいます。骨がゆがむことで肩こりや腰痛が起きたり、全身に慢性的な倦怠感があらわれたりします。

また、身体全体で骨格や筋肉がゆがんでしまうと、血流も悪くなります。血流がわるくなれば冷え性や貧血の症状があらわれて、頭痛、めまい、耳鳴り、吐き気といった症状まで出てしまうのです。

このような歯の噛みあわせによって起こる症状のことは、「咬合(こうごう)関連症候群」と呼ばれています。「噛み心地が悪いだけ」と言って軽視されがちですが、歯だけの問題ではなく全身に及ぶ恐ろしい影響があるのです。

もちろん全身に及ぶ影響も相当なものですが、歯並びが悪くなれば顔の骨格もゆがんでしまいます。そのためフェイスラインがゆがんだりむくんだりして、顔が大きく見えてしまうことだってあります。何より、歯を見せて笑ったときの見栄えがとても悪いですよね。

歯のかみ合わせは見た目にも中身にも悪影響しか及ぼさない、ということです。噛みあわせに少しでも違和感を覚えていたり、前後左右に偏った噛み方で食事をしていたりする人は要注意ですよ。

専門医だからできる美と健康のインプラント治療

インプラントは外科手術

「インプラント治療」はただの歯科治療ではなくて、口腔外科の手術です。もともとインプラントとは、歯肉を切開してから顎の骨にドリルなどで穴をあけ、そこに人工でつくられたインプラントを”埋め込む”手術方法のことです。ただの歯科治療とは違い、口腔外科の知識や経験、実際のインプラント治療にかかわる実績がなければ治療はむずかしいのです。

そんな医師の技術力が大きく試されるインプラント治療だからこそ、手術には専門医の資格を持つ医師が欠かせません。インプラントを埋め込む顎の骨は、もちろん患者さんの一人一人によって形も体質も違います。また、切開する歯肉の状態だって人によって違うのです。一人一人に合った適切な方法で手術をしないと、インプラント治療は上手く仕上がりません。専門医の資格を持った医師は、それまでに行ってきたインプラントの論文や研究などの実績が備わっています。だからこそインプラント専門医が治療に携わることで、安全で確実な治療が受けられるのです。

また、インプラント治療はただ埋め込んだだけでは終わりません。「生着」と言って、インプラントと顎の骨が結合したうえでインプラント治療は完了します。そのため、患者さんの骨に合ったインプラント選びや、インプラントが結合するまでのメンテナンス、フォローも医師の技術力にかかっているのです。

もしも医師が患者さんの体質に合わないインプラントを選んでしまえば、インプラントは上手く結合せずに手術は失敗です。そうならないように術前から綿密な検査や相談、解析を重ねて手術を成功に導くのが、インプラント治療医師の役割。専門医の資格がある医師はあらかじめ難易度の高い手術も経験しているため、多くの患者さんに適した手術を施してくれます。

実績や経験のあるインプラント専門医は、数多くの症例を見てきています。そのため様々な手術方法を提案してくれるのも強みですね。一つのやり方ではなくて、数々のやり方を患者さんに提案しながら一緒に治療について相談してくれるため、患者さんの意見を尊重した治療が受けられるのです。

インプラントの審美性

「ただ噛めれば良いんじゃないの?」と思われそうですが、インプラントの審美性(見た目の美しさ)はとても重要なポイントです。

まず、インプラントは大きく分けてアバットメント(土台)の部分と人工歯の部分の2つに分かれます。人工歯は綺麗な白色ですが、アバットメントの部分は多くがシルバー色です。歯茎を切開して中に埋め込まれるアバットメントは、手術の仕上がりや医師の技術力によっては歯茎から透けて見えてしまうこともあるのです。茎からアバットメントが透けて見えると、その部分の歯茎だけが暗い色に見えてしまい、審美性に欠けてしまいます。

インプラント専門医のように実績や実力のある医師だと、アバットメントが見えないような工夫をしてくれます。例えば歯茎の厚みを増す手術を同時に行ったり、アバットメントのメーカー選びをしたり…。アバットメントにも種類やメーカーはたくさんありますから、インプラントの審美性はいわば「医師の観察力・判断力を試すもの」と言っても過言ではありませんね。見た目の綺麗なインプラント治療は、医師のこだわりや実力が感じられます。

また、審美性は見た目の色だけではありません。インプラントは埋め込むときの角度や高さ、位置によっては歯並びがガタガタになって、見栄えがとても悪くなります。術前のCT撮影やレントゲン撮影によって医師が綿密に検査を重ねれば、治療後のインプラントに反映されていきます。もちろん検査がしっかりしていても、治療本番での技術力によっては埋められたインプラントの角度がズレたり、高さが合わなかったりしてしまいます。歯並びが綺麗でしっかり根付いたインプラントは、綿密な検査と精巧な技術力の上に成り立つものなのです。

もちろん審美性については、医師の独断だけで決まるものではありません。医師が一人で治療方針を決めてしまわずに、患者さんと人工歯の色やメーカーについてじっくり話し合うことも大切です。患者さんの医師を尊重した説明・治療のできる医師ほど、インプラント治療の審美性が高くなるのがわかりますね。

美と健康を追及する歯科医院3選

見た目の綺麗な歯は、人の笑顔をより美しく見せてくれます。歯並びや噛みあわせの悪さから骨格のゆがみなどを起こさないため、身体の内側に与える悪影響を大いに減らしてくれるというメリットもありますね。また、審美性の高いインプラント治療は、技術力や実績の備わった医師だからこそ実現できるものです。インプラント治療の見た目の仕上がりは患者さん本人の身体の健康と、治療に携わった医師の実力を示すポイントなのです。

そんな美と健康を両立させる審美性の高い歯科医院をご紹介しますね。

青山一丁目タワーデンタルサロン

青山一丁目タワーデンタルサロン公式HPキャプチャ画像
青山一丁目タワーデンタルサロン公式HP(http://cosmedental-aoyama.net/)

青山一丁目タワーデンタルサロンの公式ホームページを見る

青山一丁目タワーデンタルサロンでは、歯並びや歯のホワイトニングなど、見た目の美しさに注目した「審美歯科」と呼ばれる診療があります。他にも矯正歯科や美容歯科、口腔歯科など様々な分野の診療を行っているため、幅広い視点から多くのプロフェッショナルが携わったインプラント治療が受けられるのです。

実際にインプラント治療に携わる専門医は、これまでに漸進的な疾病のある患者さんや骨が薄い患者さんなど、数々の難しい症例にも立ち会ってきました。現在進行形で研究・勉強を重ねられているCTスキャン技術により、精度の高く見た目の整ったインプラント治療を実現しています。経験に裏打ちされた実力があるからこそ、審美性の高く安全なインプラント治療をお任せできます。

青山一丁目タワーデンタルサロンの詳細はコチラ

クリア歯科

クリア歯科公式HPキャプチャ画像
クリア歯科公式HP(http://www.yusinkai-tokyo.jp/)

クリア歯科の公式ホームページを見る

インプラント埋入21,000本以上という実績により、安心感のあるインプラント治療が受けられます。患者さんとのコミュニケーションを大切にしながら、歯科医師だけではなく歯科衛生士や歯科助手、歯科技工士などが一緒になって治療について考えてくれます。歯並びの矯正やホワイトニングといった審美歯科治療も行っているため、審美性の高いインプラント治療が受けられます。院内感染防止への取り組みも評価されていて、院内はクリーンで清潔感のある雰囲気になっています。

クリア歯科の詳細はコチラ

浮間パーク歯科クリニック

浮間パーク歯科クリニックHPキャプチャ画像
浮間パーク歯科クリニックHP(http://www.koubunkai.net/)

浮間パーク歯科クリニックの公式ホームページを見る

20年以上のインプラント治療実績と、年間約2,000本のインプラント治療本数を誇る経験豊富な歯科クリニックです。骨が薄く他の医院で治療を断られたという患者さんのインプラント治療も、数多く成功させています。中には骨幅が1mmほどしかない患者さんもいたほどです。インプラント治療の審美性にはこだわりがあり、すでに他の医院で治療されているインプラントの審美性の回復といった治療も行っています。

浮間パーク歯科クリニックの詳細はコチラ
失敗しない インプラント専門医・クリニックの選び方
インプラント専門医・クリニックの選び方

全国選りすぐりインプラント名医データ

インプラントはこわい?事前に知っておきたいトラブル・失敗事例

インプラント治療のすべて

押さえておきたいインプラントメーカーの違い

インプラント治療を行う歯科クリニック<東京・横浜版>

こだわりを持とう!インプラント専門医の選び方

サイトマップ