インプラントの専門医がいるクリニックガイド » インプラントクリニックの選び方 » 設備が整っているか

設備が整っているか

インプラント治療をおこなうクリニック選びでは、設備環境が整っているかも重要なポイントです。
インプラント治療では歯科医の腕はもちろんですが、口腔内の状態を「正確に把握」し、感染対策がされた「衛生的な場所」でおこなえる設備も必要です。
ここでは、より安心してインプラント治療を受けるための“インプラント治療に適した設備”について紹介します。

インプラント治療に必要な設備とは

インプラント治療を成功させるためにはさまざまな要素が必要ですが、なかでも「正確さ」と「衛生管理」は重要です。これらの要素は精密機器などの設備である程度確保することができます。

歯科用CT

インプラント治療において、「正確な診断」は非常に重要です。従来ではレントゲン撮影にて口腔内の状態を把握していましたが、歯科用CTでは3次元の立体画像で見ることができます。顎の骨の形態や神経の位置、骨密度のある程度の診断もおこなえる歯科CTは、より正確な診断には欠かせない存在となっています。
気になる被ばく量ですが、歯科用CTは医科用CTと比べて3分の1~5分の1程度と、比較的少ないのが特徴。このことからも歯科用CTは、より正確な診断が求められるインプラント治療において、“あるべき設備”として認識されつつあります。
歯科用CTを完備しているクリニックは増えてきていますので、インプラント治療を受けるクリニックに歯科用CTがあるかをチェックしておきましょう。

専用オペ室、または同等の衛生環境

どこでインプラント治療をおこなうかは、クリニックによって大きく異なります。通常の診察をおこなう椅子で手術をするクリニックもありますし、専用のオペ室を設けているところもあります。
インプラント治療では、切開や埋入。骨造成などの外科的なアプローチが必要です。インプラント治療のデメリットでもある感染症のリスクを減らすためには、一般の歯科治療室より衛生的な環境がマスト。減菌された専用オペ室で、減菌された器具を使用するなど、衛生面に徹底的に配慮したクリニックが適していることはいうまでもありません。

静脈内鎮静法がおこなえるか

静脈内鎮静法とは、鎮痛・鎮静作用のある薬剤を静脈内に投与することによって、リラックスした状態で手術を受けられる方法です。通常インプラント治療では局所麻酔を用いるため、手術中患者の意識ははっきりしています。しかし静脈内鎮静法ではうとうとした状態で手術を受けられ、患者は手術中の記憶がないことも。
現在のインプラント治療では歯肉を切開したり、ドリルで骨を削る方法が主流です。そのため“手術が怖い”“痛みが怖い”という患者にとって、軽眠状態で手術を終えられる静脈内鎮静法は非常に有効です。

また、静脈内鎮静法はリラックス効果があり、高血圧などの一般的にはインプラント治療が難しいケースの患者でも治療を受けられるメリットがあります。
静脈内鎮静法は歯科麻酔科医にしか扱えず、静脈内鎮静法を可能にしているクリニックは歯科麻酔科医が在籍している証。インプラント治療で静脈内鎮静法を可能にしているクリニックは、不安や恐怖が強い患者にとって心強い存在といえるでしょう。

インプラント専門医・クリニックの選び方

全国選りすぐりインプラント専門医データ

インプラントはこわい?事前に知っておきたいトラブル・失敗事例

インプラント治療のすべて

知っておきたいインプラントメーカーの違い

インプラントクリニックの選び方

東京特集!インプラント専門医はココにいる

サイトマップ