インプラントの専門医がいるクリニックガイド » インプラント治療のすべて » 治療費用

治療費用

2つのクリニックを例に、インプラントの治療にかかる費用について紹介しています。

インプラント治療の費用で結局損をしないために

インプラントには健康保険が適用されないため、治療のための費用は総じて高額になります。さらに言えば金額も決して一律ではなく、クリニックごとに費用がピンキリである点もまた、インプラント治療の大きな特徴になります。

そのことを実感してもらうために、具体的なケースを見ていきたいと思います。

Aクリニックのケース

Aクリニックのインプラント治療費用は15万円から。その内訳は、インプラント体が1本7万円で、上部構造(被せ物)が8万円となっています。

ちなみにこの15万円には、事前の検査費用・麻酔費用・手術費用・薬代などすべて含まれています。

Bクリニックのケース

一方、Bクリニックのインプラント治療費用は30万円から。その内訳は、インプラント体が1本20万円で、上部構造(被せ物)が10万円となっています。

ちなみにこちらの30万円にも、事前の検査費用・麻酔費用・手術費用・薬代などはすべて含まれています。

クリニックによる治療費用の差はどこから?

さて、AクリニックとBクリニックではインプラントの治療費用に倍の開きがありますが、その差は一体何なのでしょうか?

まずひとつ言えるのは、治療に使用する材料の差です。

Aクリニックでは、インプラント体に国内メーカーのもの、上部構造に安価なFCKを使用しますが、Bクリニックではインプラント体に最高級のブローネマルク、上部構造にジルコニアを使用します。

このように低価格を売りにしているクリニックの多くは安い素材を使っていて、これらをオプションで質の高い素材に変更していくと結局は当初の倍以上の金額になることも珍しくありません。

もちろん質の高い素材に変更しないで、そのままインプラント治療を受けるという選択肢もあります。

その場合、確かに治療の費用は安く抑えることができますが、まず治療の成功率が落ちます。次に耐久性にも難があるため、すぐに壊れたり不具合を起こす可能性があります。それでは結局、「安物買いの銭失い」になってしまいかねません。

インプラントで入れた歯というのは、メンテナンスをしながら一生付き合っていくものです。であるからこそ、クリニック選びに際しては金額ではなく信頼性を重視して選びたいものです。

この記事の関連ページ

失敗しない インプラント専門医・クリニックの選び方
インプラント専門医・クリニックの選び方

全国選りすぐりインプラント名医データ

インプラントはこわい?事前に知っておきたいトラブル・失敗事例

インプラント治療のすべて

押さえておきたいインプラントメーカーの違い

インプラント治療を行う歯科クリニック<東京・横浜版>

サイトマップ