HOME » インプラント治療のすべて » ブリッジや入れ歯との違い

ブリッジや入れ歯との違い

入れ歯・ブリッジ・インプラントの違いについて紹介しています。

入れ歯・ブリッジ・インプラントそれぞれの特徴は?

虫歯や歯周病などで歯を失ってしまった際の治療法には、一般的に「入れ歯」「ブリッジ」「インプラント」という3つの選択肢があります。これら人工的な歯を入れて、失った歯の機能回復を図る治療分野のことを、歯科の世界では「補綴(ほてつ)」と呼びます。

入れ歯のメリット・デメリット

補綴治療のうち、もっとも古くからあり、また皆さんにとって馴染みの深いものは「入れ歯」でしょう。

仕組みも非常にシンプルで、歯を失った個所に人工の歯を入れて金属のバネで留めるだけ。その構造上取り外しが可能である点、そして治療期間が比較的短くて済む点が入れ歯のメリットと言えます。

一方、入れ歯のデメリットとしては、下記のようなことが挙げられます。

入れ歯のデメリット

ブリッジのメリット・デメリット

次に「ブリッジ」ですが、これは文字どおり歯を失った個所にブリッジ(橋)を架ける治療法です。たとえば奥から2番目の歯を失ってしまった場合、1番奥の歯と奥から3番目の歯を削って土台にしてブリッジをかけます。

入れ歯のように金属のバネで留めるわけではないので、見た目も自然ですし、また硬いものもしっかりと噛むことができます

ただし、ブリッジにも当然デメリットはあります。

ブリッジのデメリット

インプラントのメリット・デメリット

両隣の健康な歯を削って人工の歯をかぶせるブリッジや金属のバネで留める入れ歯と違って、インプラント体という土台を埋め込んで、そこに上部構造(被せ物)を装着するインプラントは、他の歯に負担をかけることはありません。

また、審美性(見た目)の点でも、機能性(噛みやすさ)の点でも、天然の歯に近い仕上がりになるため、治療後も大きく口を開けて話をしたり笑ったりすることができますし、食事も普通に楽しむことができます。その意味では、QOLの向上にもっとも資する治療法とも言えるでしょう。

※「QOL(Quality Of Life)」とは、治療中~治療後を通じ、「患者が充実感・満足感を持って社会生活を送ることができているか」を計る基準として用いられる考え方

そんなインプラントのデメリットを挙げるとすれば、下記の点になります。

インプラントのデメリット

失敗しない インプラント専門医・クリニックの選び方
インプラント専門医・クリニックの選び方

全国選りすぐりインプラント名医データ

インプラント専門医・クリニックの選び方

インプラントはこわい?事前に知っておきたいトラブル・失敗事例

インプラント治療のすべて

押さえておきたいインプラントメーカーの違い

インプラント治療を行う歯科クリニック<東京・横浜版>

サイトマップ