インプラントの専門医がいるクリニックガイド » インプラント治療のすべて » メリット・デメリット

メリット・デメリット

入れ歯やブリッジとの比較を交えながら、インプラント治療のメリット・デメリットについて紹介しています。

インプラントのメリット・デメリットと、ドクター選びの注意点

虫歯や歯周病で歯を失ってしまった際、何年か前であれば入れ歯にするかブリッジにするかの二択で治療は行われてきました。入れ歯やブリッジにも当然メリットはありますが、その一方で、看過できないデメリットも存在します。

インプラントは、入れ歯とブリッジが持つ欠点を克服する形で新たに登場した治療法ですから、その優れた点に関しても入れ歯やブリッジと比較しながら説明するとわかりやすいかと思います。

入れ歯と比較したインプラントのメリット

まずは入れ歯との比較から。

ご存知のとおり入れ歯というのは、人工の歯を金属のバネで固定します。表面にはその金属のバネが露出することになるため、どうしても見た目は悪くなってしまいます。

それに対してインプラントは、顎に埋め入れたインプラント体に上部構造(被せ物)を装着する構造になっているため、見た目上は天然の歯と同じ。ですから、気兼ねなく大きく口を開けて話したり笑ったりすることができます。

また、噛みやすさも全く異なります。入れ歯は金属のバネで固定しているだけなので硬いものは上手にかむことができませんが、インプラントならどんなものでもしっかりと噛むことができます。

ブリッジと比較したインプラントのメリット

次にブリッジとの比較です。

ブリッジは、人工の歯を(金属のバネで留めるのではなく)周りにある健康な歯にがっちりと固定しているため、硬いものでもかむことができますし見た目も悪くはありません。ただしその弊害として、本来健康であるはずの歯を削らなくてはならないため、大きな負担をかけてしまいます。

その点、一本一本が独立した構造になっているインプラントでは、他の健康の歯に悪影響を及ぼす心配はありません

インプラントのデメリット

メリットの多いインプラントですが、デメリットもあります。

それは、外科手術を伴うことと、費用が高いことの2点です。

「外科手術を伴うこと」をデメリットとしてあえて挙げたのは、執刀する医師の技量の差によって成否が左右されるという不確定要素があるため。

こうした不確定要素を限りなくゼロに近づける意味でも、インプラント治療は、知識・技術・経験の3つを兼ね備えたクリニック・歯科医のもとで受けたいものです。

また、インプラントは自費診療(保険外診療)になるため、費用はどうしても高額になってしまいがちです。

この記事の関連ページ

失敗しない インプラント専門医・クリニックの選び方
インプラント専門医・クリニックの選び方

全国選りすぐりインプラント名医データ

インプラントはこわい?事前に知っておきたいトラブル・失敗事例

インプラント治療のすべて

押さえておきたいインプラントメーカーの違い

インプラント治療を行う歯科クリニック<東京・横浜版>

サイトマップ